ケアプロストで長い憧れのまつ毛になってみる!

女性であれば長いまつ毛は憧れです。何よりメイクの中で時間をかけるのがアイメイクであるのが何よりの証拠でしょう。まつ毛にビューラーを使いマスカラを塗って…それを繰り返す。これってまつ毛にとってはとっても負担のかかることだと知ってますよね?それなら医薬品でもある「ケアプロスト」でまつ毛を育ててみませんか。

*

まつ毛が長いと目が大きく見える?育毛するメリットとは

      2016/10/24

まつ毛の長さは女性の目の美しさに大きく影響します。

人が男女の顔を識別する際にいくつかのパーツを瞬時に識別しますが、まつ毛の長さもその識別の対象になります。そのため美しく見える目元になるには必要不可欠な存在になります。しかし毎日のビューラーの使用や、目を強く擦る洗顔などで抜けたり、コシが無くなることがよくあります。

まつ毛が短く薄いことに悩んでいる女性も多いですが、髪の毛や眉毛と同じように薬を使って育毛することが出来ます。

つ毛を育毛することでアイメイクが簡単になる

そこまでやるの?と思う人もいるかもしれませんが、長い状態になればまず目が大きく見えますし、アイメイクも使いやすく非常によく映えます。マスカラを使用してさらに量を増やし、きれいに立ち上げることで女性の顔はより魅力的になります。

また、まつ毛本来の働きとして空気中の塵やほこりが目に入らないようにすることがありますが、育毛を行い長さや量を増やすことで、目にゴミが入りにくくなり角膜が保護されるメリットもあります。実際に長い人は風の強い日でもあまり目にゴミが入っていません。

角膜を保護する必要があることから、特にコンタクトレンズを使用している人には大きなメリットになります。このように育毛には様々なメリットがあり、海外のメーカーを中心に多くの育毛薬が販売されています。

育毛剤で長いまつ毛も可能になる

緑内障や高眼圧の治療薬に成分として含まれていた「ビマトプロスト」という成分があり、緑内障治療の副作用としてまつ毛を長く太く育てる働きがあることが確認されました。ビマトプロストの臨床データでは、使用する前よりも長さ、色の濃さ、密度ともに1割~2割アップする結果が出ています。

アメリカ国内では日本の厚生労働省にあたるFDAで2009年に認可され、その後日本を含めて世界中で多くの愛用者を生んでいます。日本では医師の処方のほか、インターネット通販での販売が一般的です。およそ2ヶ月~3ヶ月継続して使用することでこのくらいの働きが期待が出来ます。

使用頻度も1日1回就寝前だけであることが多く、普段の生活で問題なく使用することが出来ます。1本数千円で半年ほど使えることから、継続して使用しても大きな経済的な負担になりません。使用を中止すると、数ヶ月かけてもとの状態に戻っていきます。

もっと美しい目元になりたい人、もっとメイクがしやすい目になりたい人は、ビマトプロストが入った育毛剤の使用を考えてみてはいかがでしょうか?